空き家は放置できない
特定空き家に指定

特定空き家とは?

空き家対策特別措置法

《「空家等対策の推進に関する特別措置法」の略称 》適切な管理が行われていない空き家が増加し、地域の防災・衛生・景観などに深刻な影響を及ぼしていることから、地域住民の生活環境を保全するとともに、空き家の活用を促進するために制定された法律。平成26年(2014)成立。この法律により、市町村は、保安上危険あるいは衛生上有害な空き家の所有者に対して必要な措置を講ずるよう命令し、従わない場合は強制的に撤去することができる。

特定空き家

周辺の生活環境に深刻な影響を及ぼしている空き家のこと。そのまま放置すると著しく保安上危険または衛生上有害となるおそれのある状態、適切に管理されていないため著しく景観を損なっている状態、放置することが不適切である状態にあると認められる空き家をいう。市町村は、同法に基づいて立ち入り調査を行い、指導・勧告・命令および代執行を行うことができる。

特定空き家

「国土交通省 空家対策の推進に関する特別措置法関連情報」より抜粋